2/24  自動車技術に関するCAEフォーラム - 技術講演

※クリックしていただくと 拡大してご覧いただけます。ちらしの抜粋版です。

CAE-forum2015_TSWeb-300x155

 

 

 

 

 

『自動車技術に関するCAEフォーラム2015 ~ 自動車研究開発・設計・製造におけるCAE最前線 ~』
弊社は 1日目の 2月24日(火) 16:25より技術講演をいたします。【 題名 「設計者のCAE利用を推進するには」 技術顧問 吉村 昇一 】
弊社技術講演後、パネルディスカッションがございます。パネリスト、プログラムは下記をご覧ください。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

■ 日程:2015年 2月 24日(火)、25(水)
■ 概要: http://www.impressbm.co.jp/event/cae201502/index.html
■ 会場: ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区 神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ)
■ 参加: 無料(事前登録制)

▼ プログラム抜粋 ▼
-スズキ株式会社 開発・IT本部 技術支援部 CAE推進課 専門職(課長代理)小串 俊明様
「スズキの自動車開発における構造解析の取り組み」

-トヨタ自動車株式会社 車両CAE部 荒川 政司様
「エンジンマウントゴムを含んだブラケット構造解析の取り組み」

-マツダ株式会社 パワートレイン開発本部 主査 藤川 智士様
「SKYACTIVEの開発に関するモデルベース設計(仮)」

-株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター開発推進室CISBL シニアエキスパート 内田 孝尚様
「Virtual Engineering環境での“開発・ものづくりの世界動向と日本の状況”」
~設計者CAE(Creative Design with CAE)から始まったVirtual Engineering~

-「設計者のCAE利用を推進するには」
★★ 株式会社テクノスター 技術営業本部 技術顧問 吉村 昇一
(講演概要)
筆者は長年に渡り設計現場でのCAE普及を担当しましたが、近年自動車業界では
設計者が自らCAEを使って設計する事が難しくなっています。
その原因を明らかにし、設計でのCAEの有効活用を進める為に必要な項目について
教育、設計者の役割り、CAEソフトに必要な機能の観点から考察します。

- パネルディスカッション「CAEの歴史と今後」
(モデレーター)
日本大学 生産工学部 自動車工学リサーチ・センター長 教授 景山 一郎 様
(パネリスト)
日産自動車株式会社 要素技術開発本部 統合CAE部 部長 荒木 敏弘 様
トヨタ自動車株式会社 車輌CAE部 山岡 裕生 様
一般財団法人日本自動車研究所 代表理事 研究所長 永井 正夫 様
神戸大学大学院 准教授 深尾 隆則 様
Mississippi State University Center for Advanced Vehicular Systems (CAVS) Research Professor 本山 惠一様

ABOUT AUTHOR
Queeny