機能

  • 接触を考慮した複素固有値解析によりブレーキ鳴き現象を検討できます
  • 接触解析,実固有値解析,複素固有値解析を一度に求めたり,接触解析からリスタート解析で実・複素固有値を求めることが出来ます
  • 各接触ペア毎に法線方向および接線方向接触剛性をそれぞれ調整し実験とのコリレーションが容易にます.この機能により解析モデルの精度をより高めることができます.

© 2002-2017 TechnoStar Co., Ltd. All rights reserved.