機能説明

シェルモデル向けのボルト/リベット接合機能です。
接合部を自動的に検索し、穴径のBEAMと剛体要素で一括接合します。小さい穴は塞いで中心点から接合することも可能です。
3穴接合も可能です。
以下をOne Pushで処理します。

  • 接合部(ボルト/リベット穴)の検索
  • メッシング(開口接合部はレイヤーメッシュ、小穴は閉じる)
  • 開口接合部に剛体要素を設定
  • BEAM要素によるボルト/リベット接合

実例紹介(装置筐体)

  • 装置筐体の中立面モデルにOne Push Fastenerによるリベット接合つきメッシュモデリングを実行しました。
  • 600個の穴のうち326個の穴が接合部として検出され、BEAM要素により接合されました。
  • 計算時間は10分以下でした。
© 2002-2017 TechnoStar Co., Ltd. All rights reserved.