日本のベンチャーCAE企業から
世界のリーディングエッジCAE企業へ

Mars


日頃は弊社並びに弊社製品に一方ならぬご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
株式会社テクノスターは、2002年に産声をあげました。創業時より、アジアの叡智を結集し、各国から若手のトップクラスの優秀な人材を招聘してCAEの開発を進めてきました。「世界のCAEのデ・ファクト・スタンダードになる」をスローガンに掲げ、CAEのベンチャー企業として今まで走り続けてきました。
黎明期より、日本の大手自動車会社様から多くのご指導を賜り、主に構造解析の分野に特化して開発を進めました。2004年にリリースした「VENUS (Visual Engineering and Ultimate Solution)」は、大規模並列ソルバの「ADVENTURE Cluster」に対応する、大規模対応の画期的なプリ・ポストとして一躍脚光を浴びました。
その後、幾多の課題を乗り越え、2006年に開発したTSVは、自動車会社のみならず、精密、造船など、業種の垣根に関係なく、ご利用を頂けるようになりました。
現在は、これまでの「VENUS」、「TSV」で培ったノウハウの集大成として、「Jupiter」をリリースしております。
今後「Jupiter」は、これまで構造解析を中心にして参りましたが、流体解析、電磁場解析、機構解析などの分野に拡張して参ります。
さらには、DX(デジタルトランスフォーメーション)に総称されるデジタル革命時代、つまりAI、IoT、Cloud、5G、Digital Twinなどの最新の技術と共に、CAEのリーディングエッジを追求して参ります。
また、基幹システムであるJupiter PlatformのAPIをすべてのお客様に公開し、お客様と共に、時代の変化に対応できるソフトウェアを構築して参ります。


テクノスターは、時代の最先端を切り開く、世界のリーディングエッジCAE企業を目指し、これからもお客様とともに歩んで参ります。

代表取締役社長 立石勝

会社概要

  • 名称

    株式会社テクノスター
    TechnoStar Co., Ltd.

  • 設立

    2002年4月30日

  • 資本金

    1億円

  • 事業内容

    CAE汎用ソフトウェアJupiterシリーズの

    開発、販売、保守、教育

  • 海外拠点

    TechnoStar China(中国(北京)オフィス)
    TechnoStar Korea(韓国オフィス)
    TechnoStar Vietnam(ベトナムオフィス)

  • 代表者

    代表取締役社長 立石 勝

  • 取引銀行

    三菱UFJ銀行
    三井住友銀行
    三菱UFJ信託銀行

沿革

timeline_pre_loader
2002年4月30日

2002年 4月

東京都港区南青山にて業務開始

2002年 11月

立石 勝 代表取締役就任

2003年 9月

VENUS-Post リリース

2004年 5月

VENUS-Pre リリース

2005年 3月

VENUS-Viewer リリース

2005年 9月

VENUS-Designer リリース

2006年 1月

TechnoStar China(中国オフィス)を

北京に設立

2012年 1月

TechnoStar Korea(韓国オフィス)を設立

2017年 12月

Jupiter Ver.3.1.1リリース

2018年 12月

TechnoStar Vietnam(ベトナムオフィス)を

設立

現在