English
お問い合わせ

株式会社テクノスター|CAEソフト・構造解析、振動解析のソフトウェア開発

検索
お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > Jupiter-BLS
造船
プリポスト
ソルバー
構造解析・熱伝導解析
楊重シミュレーションシステム

Jupiter-BLS

吊り上げ計画業務のための3次元シミュレーションシステム


Jupiter-BLSは吊り上げ計画業務のための3次元シミュレーションシステムです。一連のブロック姿勢(不安定現象)の確認、ワイヤーとの干渉問題の予測、吊り点反力等のリアルタイム計算、そして、ブロックの応力解析と補強が可能です。吊り上げ計画業務の新しい補助ツール、そして若手技術者の教育ツールとしてお使いください。

BLSの価値
・3次元船殻モデルを有効活用出来る
・今まで出来ていなかった、動的シミュレーションが出来る
・3次元設計システムを上流で使用すれば、吊り上げ作業に関するリスクを上流で排除できる
・現象・プロセスが目に見える形となるため、若手エンジニアの経験不足を補うとともに技術伝承にも繋がる
従来の楊重計画は2次元図面での検討が主でしたが、Jupiter-BLSでは3次元で動的シミュレーションによる確認ができます。
3次元設計システムを上流で使用すれば、吊り上げ作業に関するリスクを上流で排除できることになり、
さらには現象・プロセスが目に見える形となるため、若手エンジニアの経験不足を補うとともに技術伝承にも繋がります。

Operation Flow 楊重シミュレーションの操作フロー

Features 特徴

01
豊富なインターフェースと内蔵ソルバー
各種船殻設計向けCADインターフェースや、Nastranなどソルバーインターフェースを揃えています。
また、弊社のSunShineソルバーが標準で内蔵されております。
船殻設計CAD向けインターフェース
CATIA, Parasolid, ACIS, AVEVA Marine などの主要な船殻設計CAD向けインターフェースを完備
ソルバーインターフェース
SunShine*, Nastran

* Jupiter-BLSに内蔵されています。
02
グラフィックパフォーマンス
大規模モデルに耐えるパフォーマンス、多彩な表示設定、使いやすい3Dマウスによる断面表示などが揃っております。
03
各種ライブラリ機能による楊重シミュレーション設定
実作業で用いるクレーンや天秤、吊りピースなどの設定をライブラリ形式でそろえております。
ライブラリはお客様の要望で開発・追加し続けてきたものであり、現在はほとんどの主要なクレーン、天秤、吊りピースに対して対応済となっております。
04
Undo Redoの完備
無制限のUndoRedoをサポートしています。
これにより、楊重シミュレーション準備のためのワイヤ設定およびクレーン設定、天秤の設定などの手動操作を快適に実行できます。
05
Python APIによる拡張性
ベースとなるプラットフォームJupiterはPython API機能(PSJ)を有しており、Jupiter-BLSでも使用可能です。
これによりお客様のほうで、所望のカスタマイズ機能を開発することが可能となり。
繰り返しの手作業を無くす機能の追加が可能です。

Functions 機能ハイライト

01
クレーン
各種クレーンタイプをライブラリから選択し設置可能です。
またパラメータ変更によりさまざまな大きさのクレーンに対応することが可能です。
02
吊り天秤(ローダー)
各種吊り天秤タイプをライブラリから選択し設置可能です。
またパラメータ変更によりさまざまな大きさの吊り天秤に対応することが可能です。
03
吊りピース(吊環、アイプレート)
各種吊りピースタイプをライブラリから選択し設置可能です。
またパラメータ変更によりさまざまな大きさの吊りピースに対応することが可能です。
04
滑車(イコライザー)
ワイヤ反力を当分配する滑車機能も装備しております。

CONTACTお問い合わせ

CAE製品やサービスに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。