English
お問い合わせ

株式会社テクノスター

検索
お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > Jupiter-MuxWeldⅠ
自動車
造船
プリポスト
ソルバー
構造解析・熱伝導解析
溶接シミュレーション

Jupiter-MuxWeldⅠ

大阪大学JWRIANによる溶接シミュレーションで 変形の違いなどを事前に把握
Jupiter-MuxWeldⅠは、 Jupiter(プリポスト)、大阪大学JWRIAN(ソルバー)で構成された、溶接シミュレーションのトータルソリューションです。
大阪大学のJWRIANが汎用プリポストのJupiterに移植されているため、全てのオペレーション(インポート、メッシュ作成、溶接条件設定、解析実行、結果表示)を、簡単な操作で、Jupipter上にて実行できます。
従来、職人の勘や、実験結果で推定していたが、事前にシミュレーションをすることで、溶接の順番による変形の違いなどを事前に把握できるようになります。

※本製品は汎用CAEプリポストJupiter上で起動するアドオン機能です。ソフトウェアを増やす必要はございません。

Features 特徴

メッシュ作成から結果表示まで一貫計算

既存NASTRAN形式モデルデータの活用
溶接順序の設定

溶接順序の異なった複数ケースの同時計算や結果比較自動化サポート

複数ケース設定
結果比較自動化

一貫変形シミュレーションの実現

簡便・理論的整合性 → 固有ひずみ・固有応力・固有変形・固有力 + 切断・結合

オペレーションフロー

01
船体構造オリエンテッド
CADモデリングを実施します。
02
自動メッシング
1クリックでCADをメッシングします。
03
溶接順序毎の一括計算と結果比較
溶接順序の異なる多数ケースを一括計算します。自動で結果を比較します。

Case Study 事例

  • A社:JWRIANを自動車のフレームの溶接シミュレーションソフトとして使用中。
  • B社:MuxWeldⅠの業務委託にて、実験結果との一致を確認。

Information 技術情報

JWRIAN JWRIANは大阪大学接合科学研究所(Joining and Welding Research Institute)のCCWSが開発した溶接に関わる力学現象の解析(ANalysis)を目的に開発された一群のシミュレーションソフトウェアの総称です。
これらのソフトウェアは、主として溶接変形・残留応力および各種溶接割れの予測を目的として開発されたものです。

CONTACTお問い合わせ

CAE製品やサービスに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。