2016年12月8日公益財団法人広島市文化財団 安芸区民文化センターで開催しましたJupiter-Designer紹介セミナーでは、ご多忙中にも関らずご来場を賜り、誠に有難うございました。心より御礼申し上げます。
 
おかげさまで定員を超えるお客様にご来場いただき、本セミナーを盛況のうちに終えることができました。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と一同心より御礼申し上げます。
 
ご紹介いたしましたJupiter-Designerの機能につきまして、ご興味・ご関心がございましたら、ご遠慮なくお問合せいただけましたら幸いです。詳細資料にて改めてご説明させていただきます。
 
Jupiter-Designer紹介セミナー プログラム(PDF)
 
発表会資料をお求めの方は、下記よりお申し込みできます。
http://www.e-technostar.com/support/2016_jpt-designer/form_download_material/
改めて弊社よりご連絡差し上げます。
 

2017年1月10日
株式会社テクノスター
セミナー事務局

 



セミナー当日の模様

 
 

セミナー風景

ご挨拶

■テクノスター 技術営業本部 本部長/四條 清文


四條本部長より、セミナー概要について説明。
 
 

基調講演

■サワダ技研株式会社 代表取締役/沢田 龍作 様

「エンジニアの設計センスを磨くCAEとは」
 
講演概要
 CAEが物作りに必須な道具になっていることは周知である。そして効率化のため設計、解析、評価の分業化と、自動化が進み量的拡大に対する効果は出してきた。一方、開発の主役である設計者が過去のように機能の解析、評価を経験する機会が減り、形を見ただけで機能、性能がわかるセンスは鈍化した。そこで、設計者が使うことにより、自然に設計センスが磨かれるCAEを約3年間、考え続けてきたので、その取り組みを紹介する。

設計センスが磨かれるCAEについて説明される沢田様。
 
 

講演

■株式会社富士通九州システムズ エンジニアリングソリューション本部
テクニカルコンピューティングソリューション部/坂本 哲朗 様

「Jupiter-Designerによる、業界別ユーザー解析事例のご紹介」
 
講演概要
 Jupiter-Designerを導入されたお客様の活用事例、解析事例をご紹介します。各社様においてどのような経緯で Jupiter-Designerを導入されたか、導入後にどのような効果が得られたか、今後の活用への期待・展望など、各業界における身近な解析事例を交えてご紹介いたします。

業界別ユーザー解析事例について説明をする坂本様。
 
 

■ATAキャスティングテクノロジージャパン株式会社(旭テックG)
技術グループ 技術グループ長/道坂 英樹 様

「当社における構造CAEの活用構想について」
 
講演概要
 今年5月に旭テック株式会社からATAキャスティングテクノロジージャパン株式会社として分社化。Jupiter-Designerを今年7月に導入致しました背景と共に、当社における構造CAE活用のアプローチ、設計思想などをご紹介させて頂きます。

構造CAE活用のアプローチ、設計思想などについて説明をする道坂様。
 
 

■テクノスター 技術営業本部 本部長 四條 清文/技術部 春口 有希

「本当に使える解析ソフトはここが違う」
 
講演概要
 日々製品の設計業務に携わっているエンジニアの皆様が、製品の強度や性能評価にCAE解析を取り入れる際に、トラブルなく作業を進めるには、解析ソフトに何が求められるのでしょうか?急速に発展していくPCハードウェア環境に合わせて新設計されたJupiter-Designerの機能とパフォーマンスを紹介しながら、本当に使える解析ソフトを皆様に実感いただきます。

四條本部長と技術部春口によるJupiter-Designerの機能とパフォーマンスの説明。
 
 

■テクノスター 技術顧問 吉村 昇一/技術部 春口 有希

「設計CAE普及と『花とおじさん』」
 
講演概要
 筆者がメーカー内で設計者CAE普及を図っていた頃、解決しなければならない問題が二つありました。
 1. すぐに出来る解析メニューの構築(居酒屋のすぐに出せる料理みたいなもの)
 2. 理系じゃない女性社員の活用
この時の経験が、『花とおじさん』につながりました。本日はこれらの活動とJupiter-Designerの関連について御説明したいと思います。

CAEが無い時代の設計を知る吉村技術顧問。CAEの効果をJupiter-Designerで説明。
 
 

閉会の挨拶


閉会の挨拶でJupiter-Designerの展望を語る四條本部長。